専業主婦のキャッシングを始めてみましょう

専業主婦のキャッシングを始めてみましょう

専業主婦の私もネットで気軽にキャッシング(女性/20代)

私は子供を産んで1年ほどで、働かずに子育てしながら専業主婦をしています。とはいえ、まだ若いのでお金を使いたい盛りです。特に子供が生まれてからは、かわいい子供服を買ったり、ベビーカーやら便利なベビーアイテムを購入したり、ママ友の交流でお金を使ってしまいます。

 

旦那は子供にブランドものなんてといい顔をしないし、自分が会社で働いている間、私がママ友と赤ちゃんを連れてランチを楽しんだり、赤ちゃん連れのイベントで遊び歩いているのが気に食わないみたいです。

 

なので、お金をあまり出してくれなくなりました。そこで、キャッシングをしようと思ったのですが、収入がないと貸金業者では借りられないと知り、銀行キャッシングを申し込むことにしました。

 

旦那に知られず借りられるところを探したら、ネット銀行のカードローンを見つけたので、申し込んでみたところ15万円の利用枠が手に入って、これで赤ちゃんの服を買ったり、ママ友と遊ぶお金が用意できます。

 

自動契約機で買い物ついでに申し込み(女性/30代)

私には手のかかる3歳、2歳の手のかかる年子がいます。子供に手がかかる時期で、たまには子育てから離れてリフレッシュしたい時があるのですが、旦那はとても忙しい人ですので子供の面倒をみてもらうわけにはいきません。

 

両方の親も遠方に住んでいるので、近くに頼れる人もいないのです。下の子2人を連れてデパートで買い物をする際に託児所があるのですが、利用したいと思ったら、保証金やら時間利用料がかなり高くてびっくりしました。

 

それでも、その日は出産した友達へのお祝い選びや、子育てで腰や肩が痛かったのでマッサージ店にも行きたかったし、長い間行けずにいた美容院にも行きたかったのです。6時間くらい預かってもらえたらなと思い、考えた末、デパートの直ぐ近くにあった銀行系カードローンの自動契約機へと足を運びました。

 

専業主婦でも10万円なら単独で申し込めるという条件だったのですが、子供をあやしながら30分ほど待っていたところ、審査が通り、その場でカードが発行されたのです。直ぐにお金を借りて、託児所を利用できました。

 

子供の教育費のピンチに旦那と協力して夫婦でキャッシング(女性/40代)

うちの子供がなんと、希望していた某有名私立大に合格してしまいました。親ながら無理だろうと思っていて、先に合格していた地元の国立大か滑り止めの私立に行くものと思っていたのです。

 

それが希望校に受かったことで、本人はなんとしてもそこに行くと言います。もちろん、親としても子供の夢は叶えてあげたいし、有名私立大に進学できるなら、子供の将来のためにもなると思います。

 

ただ、問題は入学金と学費が他の私立よりかなり高いことにあります。とてもお金が足りないので、旦那が教育ローンを申し込んだところ、他にもいろいろローンがあったせいか120万円しか借りられませんでした。

 

あと30万円足りないのです。私は専業主婦なのですが、専業主婦でも旦那の同意があれば30万円借りられるという銀行系カードローンに申し込むことにしました。

 

旦那の収入はチェックされるものの、一応、私名義なので他に借金がない私は審査が通り、夫婦で協力して子供を希望大学に通わせることができます。

 

よくある質問

貸金業法の改正によって専業主婦の借金が難しくなったと言われますがなぜですか?

バブル崩壊後、キャッシングを利用している人たちの間で借金を返済できなくなる人が続出しました。

 

こういった問題を解消するために政府は貸金業法を改正して、個人が消費者金融から借り入れるお金に制限を設けました。
これが総量規制というルールです。総量規制では個人が貸金業者から借りることのできる金額を年収の3分の1までにしました。

 

たとえば年収が300万円の人であれば借り入れは最高で100万円までということになります。

 

このルールの制定で最も割りを食ったのは専業主婦でした。
専業主婦は仕事を持っていないので基本的に無収入です。

 

無収入の人は総量規制によって1円も借りることができなくなってしまったので、事実上専業主婦の借り入れが難しくなってしまったというわけです。

 

ただし、専業主婦であっても総量規制の適用外である銀行からならお金を借りることができます。

 

専業主婦がお金を借りるには夫の同意がなければ無理でしょうか?

専業主婦がお金を借りる際には夫の同意が必要だとよく言われますが、それは消費者金融からの借り入れに限定されます。

 

専業主婦の場合は収入がないので総量規制によって借り入れができませんが、
夫の同意があれば夫の信用力に対して融資が行われるので専業主婦であってもお金を借りることができます。

 

なお、総量規制の適用がない銀行では専業主婦であっても夫の同意なしにお金を借りることができますので、
夫に内緒でお金を借りたいという場合には銀行を利用すると良いでしょう。

 

専業主婦向けのキャッシング機能付きクレジットカードはありますか?

クレジットカードにはキャッシング機能が付いているものがあるので、クレジットカードを使ってお金を借りることもできます。

 

クレジットカードの発行元にもいろいろな系列がありますが、専業主婦がクレジットカードを作る場合には流通系のクレジットカードがお勧めです。

 

流通系クレジットカードとは大手流通会社やネットモールなどが発行するカードのことで、
大きな特徴として利用に応じてショッピングに利用できるポイントの還元を受けることができます。

 

たとえばいつも利用するスーパーが同じだったり、同じネットショップからよく買物をするといった場合には、
その系列のクレジットカードを作っておけばお得にショッピングができるということになります。

 

流通系クレジットカードのキャッシング金利は少々高めですが、ポイント還元を考えれば実質的な金利はそれほど高いわけではありません。